INDEX    RSS    ADMIN

買っちまいました・・・

とはいっても、お酒ではなく、ガンプラのお話し。
DSC06045.jpg
RG 1/144 シナンジュです。

もう、積みプラはしないと固く心に決めていたのに・・・。イエローサブマリン宇都宮店(以下、「イエサブという。」)に飾ってあったのがカッコ良過ぎたせいで(笑)
それでも、家にはHGUCのシナンジュが積んであったので、暫く悩んでいたんですけどね。

さて、RGシナンジュ、赤の成型色がグロス仕上げという、なにやらもの凄い仕様です。RGにありがちな、あちこち無闇やたらと同系色に濃淡をつける、イマイチ意味不明な仕様でないところも好印象。また、各パーツの精度はRGらしく極めて精密みたい。
あえてケチを付けるなら、エングレービングは、RGの分割塗装よりもHGUCの塗り分け塗装の方がパーツ精度が高いんじゃないかなというところなんだけど、イエサブに飾ってあった現物を肉眼で見る限りではあまり気にならない。金メッキを活かした簡単フィニッシュでも十分いけると思う。
とはいえ、メッキはスケール感が損なわれるので、やはり剥がして塗装したいし、そうするとまたしても積みっぱなしになってしまうのだろうなあ、やっぱり・・・。
あ、プレバンの拡張セットは2次受付で注文しときました。

ちなみに、制作途中のHGUCユニコーンガンダムDMとUMは、RGが発売されそうな気がするんで完全保留です・・・。


さて、制作途中の1/144ガンダムVer.KA、通称ヴァカガンであります。
DSC06048.jpg
3年以上、この状態で放置しておりました。
HGUCジムカスタムベースで、腕はHGUCジム改のもの。頭部はジムカスタムのままです。
脚部しかいじっておらず、現在はその途中。脚部だけでもバーニアの設置やダクトの開口、膝裏の処理などなど、まだまだ作業が残ってる状態。腿は2、3mm位延長しようかなと思う。

これに、先日イエサブで購入した、RGガンダムの頭部を付け替えたもの(イエサブのバラ売りパーツ)が次の画像の左側になります。
DSC06052-53.jpg
頭部だけとはいえ、RGを組み立てたのは、実は初めて(汗)
全体的な形もさることながら、ヴァカガンとしてはツノが短いというか、小さいような気がしたので、HGUCガンダムのツノを移植したものが右の画像になります。このまま削り込めば、こちらの方が良い感じがします。

このRGの頭部をベースとした場合、手を加えるところは頬先のダクトらしきものの追加は当然として、トサカ上面の出っ張りを全体的に詰めたり、側面の形状変更などが必要ですが、HGUCのキットとはワケが違うので加工は難しいかも。RGの場合、側面のダクトが開口しているところが良いんだけどね。
じゃあ、他のキットでは。ということになるんだけど、HGUCガンダムでは狙っているラインとだいぶ違うので、Ver.G30th、もしくはREVIVEをベースにするのもアリかもしれません。なので、後で比べてみようかと。REVIVEも部品取り用に購入しておきましたし。(ビームライフルとハイパーバズーカが狙い。)

で、全体像。
DSC06057.jpg
こうして見ると、なかなか良い雰囲気ではないかと思う。
が、脚部だけでもまだまだ作業が残ってるし、腕部も全体的に微妙に違う。胴体は、首回り、胸のダクト、コクピット周りの形状変更と胴の延長などなど、やることがいっぱいあるなあ。

とりあえずパッと見、ヴァカガンに見えればそれで良いかなという、なんちゃって仕様で妥協しちゃいそうな自分がいます・・・。

作業再開は涼しい季節になってから。その前に、コレクションケースを作ってからかな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。