INDEX    RSS    ADMIN

獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 遠心分離

言わずと知れた、山口県は旭酒造のお酒、「獺祭」です。
杜氏がいないことで有名な、コンピュータ管理でも有名な、安倍総理がオバマ大統領に送ったことでも有名な、そして、ヱヴァンゲリヲンのミサトさんでも有名な獺祭です。
DSC06136.jpg
こちらは、その中の一つ、「獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 遠心分離」。獺祭の中ではグレード的に上の方でして、この度、誕生日プレゼントとして頂きました。感謝、感謝であります(涙)。これを飲むのは1年ぶり2度目。

で、どうせ飲むなら、遠心分離とそうでないものとの飲み比べ。つまり、「磨き二割三分 遠心分離」と「磨き二割三分」との違い。
これを、やってみたかった!
ちなみに「遠心分離システム導入製品」の登場以前は、「磨き二割三分」がフラッグシップだったようです。
DSC06149.jpg
どちらの場合も、原材料は山田錦、精米歩合は23%で、アルコール分は16度。
山田錦を23%まで磨き上げたのは一緒。
これ自体すごいことなんだけど、違いは、「磨き二割三分 遠心分離」の方は、遠心分離機でもろみからお酒を分離したもので、無加圧状態によって純米大吟醸もろみの本来持つ香りやふくらみなどの美点が崩れていないものに、通常の圧力をかけて搾ったものをブレンドしているみたい。片や「磨き二割三分」の方は、単に通常の圧力をかけて搾ったものということなのかな。イマイチ分かんないけど、たぶん、そういうことなんだと思う。

で、華やかな香り立つ中、飲んでみるとやっぱ美味いですよ。獺祭のこのクラスは。
DSC06177.jpg
飲み比べると、やはり分かる。「磨き二割三分 遠心分離」は、「磨き二割三分」に比べてキメが細かい。やさしく、トロっとしながらもサラサラ感のある舌触り。山形の「絹」ほどトロっとはしない感じで、甘みがあるのに口にスッと入って、スッと引いていく感じです。ヤスリで例えるなら、「磨き二割三分」が800番ヤスリなのに対し、「磨き二割三分 遠心分離」は1000番ヤスリといったところでしょうか。
「磨き二割三分」の方は、口に含んだ時と引いていく時に少し刺激がある感じで、味も微妙に違う。でも、これはこれでハッキリした味わいになって美味い。「磨き二割三分 遠心分離」はどちらかというと淡い味わいなので、この辺は好みが分かれるところでしょうか。でも、何れの場合も芳醇旨口とでもいうんでしょうか、フルーティな味わいで美味しいです。
それだけに、物足りなさを感じる人も多々いるかもしれませんが、やはり獺祭は、日本が世界に誇れる逸品なのだなと、しみじみと思うのでした。


・・・で、自分としては、「遠心分離」の方が好きかもです(汗)。
スポンサーサイト

ドルチェ・アロマという日本酒

ドルチェ・アロマ(Dolce Aroma)
DSC06108.jpg
仙禽でお馴染み、栃木県は株式会社せんきんのお酒です。
季節限定酒ということで、その存在自体は、最近になってから知ってはいたのだけれど。

原料米はドメーヌさくら・ひとごこち(栃木県さくら市産)、精米歩合50%、アルコール分は12度。
最大の特徴は、使用酵母がボルドー培養ワイン酵母・X5ということで、ワインの酵母を使用。特にX5は、シャルドネ種のような辛口のブドウ品種に使用されているらしい。日本酒の新しい形ということなのかな?ちなみに、仕様がノンフィルターとあるけど、この辺はよく分からない。

ともあれ、そういうことなので、ワイングラスでいただきます。
DSC06118.jpg
味の方は、昔飲んだことのあるイタリアの白ワイン「ソアーヴェ」に、芳醇な吟醸酒を混ぜたような感じ。といったところかな(あくまでも自分的な主観)。もはや、日本酒ではないというか・・・(汗)

美味しいには、美味しいんですけどね。また、買うかどうかというと、正直、どうだろうという感じです。この辺は好みの問題ですね。

ただ、若い人や女性が参加する、宴会やパーティーなどに1本用意しておくとウケるかもしれません。

大那 純米吟醸 那須五百万石

栃木の地酒である、大田原市は菊の里酒造の純米酒「大那 特別純米 生酛造り」が、全日空国際線の機内提供酒の1つとして提供され始まったそうです。なんでも、栃木の地酒が採用されたのはこれで5例目らしい。

前々から「大那」という酒自体は知っていたけど、飲んだことはなかったんですよね。

で、この「特別純米 生酛造り」を飲んでみたいとは思うけれど、吟醸酒を基準に飲み比べているというか、味わっている自分としては、ここはグッと堪えて、とりあえずこちらのお酒をチョイスしてみました。

「大那 純米吟醸 那須五百万石」です。
DSC06105.jpg
原料米は五百万石、精米歩合55%、アルコール分16度以上17度未満というスペックで、大那の定番というか、主力商品のようですね。

DSC06114.jpg
味の方はというと、惣譽 純米大吟醸 五百万石に久保田を合わせ、辛さを少し抑えて、天鷹(こちらも栃木の地酒)の香りを少しスパイスしたような味わいです。(あくまでも自分基準の表現ですが。)

食事にも合うし、単にチビチビと飲むのにも良い、飽きの来ない美味しいお酒だと思います。

全国的に有名なお酒というのも良いですが、地酒にもいろいろあって、奥が深いなあと思う今日この頃でした。

惣譽 ひやおろし 純米大吟醸 五百万石

にわかに忙しくなってきました。
この季節、仕事は落ち着くはずだったのに・・・。イレギュラーな出来事というものは重なるもので、何もできてない。
なので、久々の更新です。

棚というか、コレクションケースの脳内設計図は、検討するたびに頓挫し続けているし、オタネタですが、ヴァカガンについても今後の制作方向が定まらないというか、こちらも脳内設計図が頓挫。ただ、パーツの流用として、パワードジムを加えた方がいいのかなと思って、キットを追加購入しておきましたが。

そうこうしているうちに、「宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」の公式サイトも立ち上がりまして、旧作同様、地球は単に軍拡に向かっているようですね。アンドロメダの名称は、そのままアンドロメダですし。しかしながら、アンドロメダの1/1000キットの発売が早々に発表になったのは嬉しい限りです。こいつは間違いなく買う。

さて、「惣譽 ひやおろし 純米大吟醸 五百万石」です。
DSC06084.jpg
自分の好きな、純米大吟醸 五百万石の「ひやおろし版」ということでしょうか。単純に。
原料米は栃木県産五百万石100%、精米歩合50%、アルコール分15度、日本酒度は+4で、スペックも一緒。

やはり、惣譽は美味い。端麗辛口で、キレがある。
味の方は飲み比べないと何とも言えないけど、僅かにまろやか味が増している気がする。
DSC06088.jpg
あと、口に含んだときにバナナの匂いが香るのは自分だけかなあ。

何れにしてもコスパに優れる、良い酒だと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。