INDEX    RSS    ADMIN

灑という名の越乃寒梅 純米吟醸

越乃寒梅というと、もう10年くらい飲んでなくて味も忘れてしまっていたけれど、いつもの酒屋さんに行ってみたら一際目立つ青い瓶が。
DSC06270.jpg
「越乃寒梅 純米吟醸酒 灑」
45年ぶりに通年商品として新作が出たらしい。で、「さんずい」に「麗」と書いて「さい(灑)」と読むんだそうな。
反響が大きくて、早々に安定供給されなくなったそうです。

で、まあ、スペックはというと、五百万石と山田錦を使ってるみたいで、精米歩合は55%、アルコール度数15%、日本酒度は+2といった感じ。
DSC06282.jpg
味の方はというと、越乃寒梅元来の味を忘れてしまっているので、なんとも申し上げられないんだけど、なんか久保田っぽいと思いました(汗)

美味いことには間違いないです。



・・・こんな記事ですみません。
スポンサーサイト

雪の茅舎 純米吟醸 ひやおろし 

自分の好きなお酒、秋田県は齋彌酒造店の「雪の茅舎」。
こちらは、「雪の茅舎 純米吟醸 ひやおろし」です。
DSC06242.jpg
自分がよく行く酒屋さんでは雪の茅舎を取り扱ってないので、その次に多く行く酒屋さんで調達してます。こちらの酒屋さんは秋田のお酒に強いような気がする。

原料米は、麹米:山田錦、掛米:あきた酒こまち、精米歩合は55%、日本酒度+2、酸度1.6、アルコール分16度。
DSC06248.jpg
やはり、雪の茅舎は安定して美味いと思う。
控えめな吟醸香と味わい。 自分的な表現では、淡麗やや辛口といった感じです。

惣譽 大吟醸しずく

「惣譽 大吟醸しずく」です。いただきものです。
DSC06238.jpg

栃木県の地酒、「惣譽」ですが、見たことのない銘柄。しかしながら、大吟醸。但し、製造年月を見ると10ヵ月前・・・。
おそるおそる匂いを嗅いでみると、吟醸香のなんとも華やかな匂い。どうやら、品質的には問題なさそうだな・・・と。で、口に含めてみると・・・、

とんでもなく美味い!端麗辛口でありながらも、ほのかな甘みを感じるというか・・・。
キメの細かい、なんとも上品な味わいです。

調べてみたら、カタログ入りしていない季節限定の商品だそうで、「獺祭」の「二割三分 遠心分離」並みのお値段。

たしかに、裏のラベルには、原料米が特A地区山田錦100%、精米歩合35%、アルコール分17度とある。しかし、それ以上に、酒袋にもろみを入れ、圧を加えず自然に滴り落ちた雫のみを集めゆっくりと時間をかけて熟成させたという・・・。無加圧という点では獺祭の遠心分離と同じ考え方なのかな。

ただ、いいんでしょうかね、この様なものをいただいて。お礼の品ということなのでしょうが、そこまで特別なことをしたわけじゃないのに・・・。

と、いろいろと考えてしまうのですが、せっかくいただいた以上は、ゆっくりと堪能させていただくのでした(合掌)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。